肌は生き返ることを知りました

早くに結婚し、幸いにも二人の子宝に恵まれ慌ただしく子育てをしているうちに20代は終り、
ボチボチ子供も手を離れ始めたらもう30も半ばになっていました。
年子の男の子の母親に化粧をする暇は無く、日焼けも気にせず一緒に外を駆け回っていた結果、
紫外線にさらされた肌はカサカサで、ある日夫に「お婆さんみたいだな」と。
「子育ての勲章だい!」とうそぶいてみたものの、正直ショックでした。
ママ友にその話をすると、「スキンケアすれば?まだ全然大丈夫だよ」と言われ、
思い切って勧められた保湿クリームや美白化粧水を購入してみました。
半ばあきらめてもいたし、手間などやや面倒に思っていましたが、効果は早くも翌日に。
朝の洗顔後鏡を見るとなんだか肌の質感が違うのです。指で押してみるとかすかに弾力を感じました。
その日からもう面倒がらず保湿を中心にしっかりスキンケアをする習慣をつけましました。
すると1ヶ月もしないうちにカサカサでシワの多かった肌がプリプリになり、透明感が出てきたのです。
息子達も「若く見えていいじゃん」と言ってくれ、夫は「俺のおかげだな!」と。
憎らしくもありますが、確かにあの時夫に言われなければ変われなかったな、とも思います。
あきらめずにきちんとスキンケアをすれば、確かに肌は生き返ると知れて良い経験になりました。